みちるのダイエット食品研究会

ダイエット食品が大好き!?のみちるのブログ

無添加の酵素ドリンクか酵素サプリか?

酵素ドリンクを選ぶ時に、無添加だと良いという話があると思いますが、無添加の酵素ドリンクは、そうでない酵素ドリンクと何が違い、どんなところがいいのでしょうか。あるいは、酵素サプリにした方がいいのでしょうか?

ここで言う添加物とは、人工甘味料や着色料、香料や保存料のことを言います。無添加の酵素ドリンクには、黒糖や植物のエキス以外のものは記載されていません。

まず、添加物は、体にとってよくない成分だということがあると思います。これはどのような食品でも言える事ですが、酵素ドリンクは長い期間続ける健康法です。その酵素ドリンクに、体に良くない添加物が入っていれば、それも長期間摂取することになるので、健康に良いとは言えないと思います。
また、無添加ではない酵素ドリンクを飲むと、添加物を分解するのにさらに酵素を使ってしまいます。これでは酵素を飲んでいても意味がないのではないかと思います。

酵素ドリンクに添加物が入れられる理由には、味に関する理由と保存に関する理由があるのではないかと思います。最近は様々な工夫がされていて、無添加の酵素ドリンクでも飲みやすく改善されていると思いますが、それでもまだ飲みにくいと思う人も多いのではないかと思います。そこで、人工的に甘みを足す事で飲みやすくする事が出来ます。また、出来るだけ長期間の保存が効くように、保存料も入れてしまうのではないかと思います。

無添加の酵素ドリンクは、他のものに比べると若干高価になってしまいがちです。しかし、より酵素の効果を実感したいという場合や、妊婦や授乳中の人は無添加の酵素ドリンクを選ぶ方が良いのではないかと思います。無添加ではない酵素ドリンクも悪い所ばかりではないですが、無添加と比べるとどうしても劣ってしまうところも出てしまうのではないかと思います。また、酵素サプリは人気ランキング上位の商品を試してみるとよいかもしれません。